大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の風俗に行こう!

何かあの大阪府のガチャガチャ感はすべて大阪府全部が風俗みたいな感じですよね。

大阪府での出張ついで風俗体験しました。東京の人もやっぱり風俗好きの人なら一度大阪で、風俗体験してみたいと思うものですよね。東京と大阪府は別物なのです。それは、大阪府の人たちが東京というものをいつも意識しているからでしょうね。一体どうしてそんな対抗意識が生まれたことやら。大阪府のファッションヘルスなどで女の子と話ししていると、外向的でノリのいいことにびっくりしてしまう訳です。そして関東の人たちは、最初そういうノリの良さに尻込みするものの、風俗などで遊んでいるとコッチの方がいたって自然体であることにも気付く訳です。東京の人たちって思えば随分格好つけて作っているようなところもあったのかもしれないですよね。何かあの大阪府のガチャガチャ感が非常に風俗に馴染んでいるのです。街全体が風俗街のよう。そして手大阪の風俗街に段々と自分の今まで格好つけていた姿すら見えなくなってしまうものなのです。心底裸になったという感じでしょうか。

兵庫県での風俗。大阪とはどんな違いがあるのでしょうか。

兵庫県の風俗といえば、福原町などが有名ですよね。ただ、私が今回利用したのは尼崎。ハイセンスな兵庫県で一度風俗体験をしてみたいです。大阪府と兵庫県は目と鼻の先、風俗体験もセットで考えるといいかもしれないです。ちょっとした大阪府と兵庫県の風俗の違いというものも判って結構面白いものです。兵庫県の風俗嬢も大阪のデリヘルに負けじと頑張っているみたいですね。神戸の女の子たちも強い人たちなのです。当然大阪府の人たちに鍛えられて強くなった部分もあるでしょうね。ここは、尼崎の韓国デリヘルです。電話の対応はオバサン。どうにもフィリピンっぽい。何か間違いでは。しかし、そのオバサンに案内されて女の子もやっぱりフィリピン女性ではありませんか。まあ、別に韓国デリヘルで何も韓国人が出てくる必要もないとは思いますけどね。しかし、このフュージョン感覚も何か港町神戸ならではちょっといい感じなのではないでしょうか。私はいざ服を脱ぎベッドへ。もうすでにまな板の鯉状態です。

京都府は、デリヘルや、セクシーパブなど風俗が実に似合う街でもある訳です。

京都府の人たちは風俗というものをどんな感じで捉えているのでしょうか。ちょっと京都府は風俗体験する人たちにとって外せない街かもしれないですよね。まず私達にとって京都府は風俗ではなくて重要文化財を抱えた街です。本当の京都府の人たちは大切な文化を抱えて守ることに必死な人たちなのです。だから、風俗ってあまり京都府で期待出来ないんじゃないかしらと思う人もいるかもしれないですが、京都府だって人たちが生活している場所ですから、それなり風俗というものはある訳です。あるというよりも風俗は生活する人たちにとって必需品。まさに大人の社交場は風俗なのです。京都府は、デリヘルや、セクシーパブなどが実に似合う街なのです。私は今日は木屋町あたりで、ヘルスです。京美人と風俗でご対面です。サラサラヘアーの美しい女の子がやって来ましたよ。今日は当たりです。時に風俗体験はこういうこともないことにはね。今までの外れはここで一度清算ですね。

滋賀県雄琴のソープランド体験。風俗ファンには一度は体験したいエリアです。

滋賀県と言えば雄琴です。風俗ファンのあなたには一度雄琴でソープランド体験もしてみたいと思うことでしょう。ここ最近正直言えば私なと風俗体験で当たりなどひいたこともありませんでしたしね。ここは名誉挽回と行きたいものです。ソープランドに行けば、四時間待ちというではありませんか。やっぱり雄琴と言えば、結構ソープランド禁止区域が多いですからね。他県からも多くの人たちがソープランド求めて集まってくることでしょう。このくらいの待ち時間は仕方ないのかもしれません。 待合室ですら満室状態でしたよ。もう既にどの女の子を選択するという余裕もない訳です。ただ与えられた女の子と対するだけ。しかし、それでも一度は雄琴でソープランドをしたい。雄琴のソープランドはブランドのようなものなのです。本日の相手M子ちゃんが登場しました。別に女の子の感想は言いません。風俗嬢とはこんなものなのです。しかし、ここき雄琴、何かが違うはずですよ。プレイに期待したいところです。

奈良県に風俗がないのなら、大阪あたりでと考えているかもしれないですよね。

奈良県の風俗で楽しんでまいりました。と言っても奈良県、京都府、兵庫県セットです。ピンサロスリーパターン。そして、地域によってこういう特徴持っていると非常に勉強になった訳です。奈良県の人たちは、性格的には大阪府の人たちのような積極性はないみたいですね。だからそういう人たちが奈良県の重要文化財など抱えているともうそちらの意識で精一杯になってしまうようなところがあるかもしれないですよね。そして、私達だって奈良県と言えばただ修学旅行の街でしょと思ってしまう訳です。修学旅行の街なら、そんなに風俗なんて盛んである筈がない。しかし、そう思うのも私達のつまらない先入観ではある訳です。別に奈良県だって庶民たちが生活している訳ですから、絶対的に風俗というものは大切なものなのです。しかし、大阪府や京都府の強烈な個性の前では若干薄い感じがするのも事実です。奈良県の人たちは別に奈良県に風俗がないのなら、大阪府あたりまで行けば別に全然問題ないと考えているかもしれないですよね。

和歌山県の中高年たち。若い者たちを風俗へ引っ張っていくよう頑張って下さい。

東京では気付かないけど、やっぱり風俗というものも段々と変化しているものなのです。和歌山県の風俗体験をしてそう感じました。それは常に新しいものが入り込む変化と、衰退や勢いへ向かう変化とがある訳です。しかし、どうしても地域など見ていると風俗の衰退を予感させるような雰囲気をも感じとってしまう訳です。若い人たちはあまりお金を使いたがらないですからね。若い者たちにイニシアチブ持たれてしまっては、全然風俗が盛り上がらないのです。そして不況だって大きな原因です。不況などでは使えるお金使うことも出来ませんしね。是非とも和歌山県でも中高年の人たちに頑張っていただきたいのです。そして、若い者たちを風俗へ引っ張っていくような意識を持っていただきたいのです。そういうことがない限り、風俗というものがあることすら若い人たちは気がつかないのではないでしょうか。しかし、若い人たちだって性というものを求めている訳ですしね。その性をどう処理するかという問題なのです。

交際クラブのフタッフに聞いたあれこれ

友人の一人が交際クラブで働いていて会うとたまに話題に挙がることがあります。聞いていると知らない世界過ぎて割と面白いのですが、深いところまで話し込むとどうもイメージが良くありません。というのも、凄く給料が安いようなのです。と入っても店舗の経営はしっかりしていて赤字が出ることはないレベルのようです。しかし、働き続けていても給料が上がるようなことはほとんどなく、経営状態と会社の実態はかけ離れているとの事です。どのような人が働いているのかと聞くと、どうもパッとしない未経験者が多いようで、これといって能力も必要ないようです。そうなると低待遇なのも分かるような気がします。しかも、残業というような概念は基本的に無く、お店の営業時間に依存してしまうようなので、10時~22時くらいは当たり前みたいです。ここは、飲食店のようなお店の営業に合わせるかたちでしょう。しかし、アルバイトなどはいないようなので、上手いこと低賃金で丸め込まれているなといった感じです。有給も無いようで任意で休みは取れないですし、土日も営業しているので休日出勤もあるそうです。それでも、無駄に営業している訳ではなく問い合わせ連絡も来るし、女性の入会手続きもあるようです。そんな状況ですので、まさにブラック企業のような状態です。これでお給料さえ良ければ何も悪いことはないのですが、すべてはオーナーが悪いだろうと思います。交際クラブという業種は、ほぼ元手がかかりません。スタッフが働く用の事務所スペースと人件費、一部システム代等がありさえすれば、後は男性会員の入会金と紹介料で延々とお金を生むことが出来ます。男性会員が1ヶ月あたりに使用する金額は平均8万程度らしいです。月に100件程度の紹介料金が発生し、月々会員更新する会費料も発生します。ですから、普通に営業しているだけでも店舗には1000万以上の利益が出ているのです。8名程度のスタッフ人件費と必要経費を差し引くと、300~400万は残る計算になりそうです。友人が言うには、もっと人気のある交際クラブだと利益は倍になるらしいです。ここまで聞くと分かると思いますが、突然業界が廃れたりしない限りは普通にやっていれば時間をかけた分だけ稼げてしまうようです。それでいて働くスタッフは大卒初任給くらいの低賃金なわけですから納得はいかないですよね。仮にも公に公言できるほどまともな仕事でもありませんから、それを加味しても本来は給料は高くあるべきなのです。でなければ携わろうと思う人はいないはずです。この点も上手く、スタッフの求人はハローワークなどが殆どです。公にウェブ求人などは出せないわけですからね。ハロワなどで求職活動をしているような職歴のない人材を上手く入社させるという図式は頭がいいです。社会人経験を積みたい人からすると、雇用してもらいやすい部分もあるでしょうが、よっぽどでもない限り交際クラブを経営している会社に入るメリットはなさそうです。需要と供給が成り立っているとは思いますが、交際クラブはまともじゃないしクセがあることだけは確かです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド